USJ(ユニバ)に行く前に読むべきガイドブック(本)おすすめ5冊厳選










みそ
よし、USJ(ユニバ)に行くぞ!

何のアトラクションがおもしろいのかな? 初めて行くから詳しくわからないな

USJ(ユニバ)に行こうと決めたアナタ。USJ(ユニバ)だけではなく、大阪観光やホテルなど準備は本当にできていますか?

不安はありませんか?

遊園地に限らず、初めて行くところであれば、必ず不安がつきまとうもの。

どのアトラクションがおすすめなのだろう。。。

お得な行き方はあるのかな。。。

観光もしたいけど有名なところってあるのかな。。。

 

そのような悩みをしているアナタに必要なものは情報ですよね。

そのような時に準備するべきものは「ガイドブック(本)」です。

USJ(ユニバ)や周辺をまとめている本を読みましょう。

みそ
え! ガイドブック(本)とかいるの?

ネットで全部調べられるのだからいらなくない?

もちろんネットでほとんど調べられます。

でも、ネットって情報がありすぎて、迷ったり時間が無駄にかかったりしますよね?

ある程度、情報を集められますが一冊にまとまっているほうが見やすいです。

 

また、このブログに書いてある記事の中には、ガイドブックにも書いていないことがあるので、よかったら参考にしてくださいね。

 

→その他USJに関する記事をお探しの方はこちらからどうぞ

「USJ(ユニバ)をもっと楽しむためのガイドブック(本)」を読むステップ

①USJ(ユニバ)には何があるのか(アトラクション・ショー・お店)を知る

②裏技やコツを知って、効率よくUSJ(ユニバ)をまわるスケジュールを考える

③どうやって行くか、ホテルはどこでとるかを考える⇒こちらは書籍よりもネット活用(JTBのサイトなど)が便利のため除外

④大阪観光はどこに行くかを考える

番外編:これだけ人気になった理由を知る

 

これがUSJ(ユニバ)を思いっきり楽しむためのステップになります。

順番の前後はあると思いますが、上の5点を考えるだけで、USJ(ユニバ)旅行は格段と楽しくなりますよ。

行き当たりばったりの旅行も楽しいですが、USJはかなり混雑するので、ある程度考えておきたいですね。

 

USJ(ユニバ)には何があるのかを知る

まず初めて行く方は、そもそもどのようなショーやアトラクションがあるのかがわからないですよね。

スーパーニンテンドーエリア、ハリーポッターやミニオンぐらいしか知らないかもしれません。

まず、USJ(ユニバ)には何があるのか、ということがわからない方は、まず全体像を見て基本的な知識をつけましょう。

 

るるぶユニバーサルスタジオジャパン 公式ガイドブック

王道の公式ガイドブックですが、初めての方には強くおすすめします。

まず、ショーやアトラクション、人気なおみやげ、全体地図など基本的な情報がすべて入っています

このすべての情報をスマホで見ようと思うと、結構面倒です。

しかもスマホなら地図は縮小されますからね。

 

逆に、すでに行ったことがある人や十分調べつくしたという人には物足りないかもしれませんね。

まず、「USJ(ユニバ)というのはこんなところか」ということを知るにはベストな一冊です。

裏技やコツを知って、効率よくUSJ(ユニバ)をまわるスケジュールを考える

みそ
これでUSJ(ユニバ)の基本的なことはわかったよ!

でもUSJ(ユニバ)って効率よく楽しむにはどうしたらいいのかな

USJ(ユニバ)に何があるのかはわかっても、どのように回った方が良いのか悩むと思います。

「フライングダイナソーに乗って、ハリウッドドリームザライド乗って、ミニオンパークに行って、ハリーポッターも楽しんで、、、」

 

正直に言うと、すべてのアトラクションを体験することはできないでしょう

USJ(ユニバ)には乗り物に乗るための「待ち時間」があります。

ミニオン・ハチャメチャライド:待ち時間150分

よく見ます。

アナタが思っているよりもアトラクションには乗れないと思うべきです。

あらかじめ「ミニオン」は時間がかかると知っていれば早めに行くことも、そもそもあきらめることもできますよね。

当日うろうろしていたら、何十分も時間を無駄にします。

 

そういった公式ガイドブックには載せられないような小ネタあ多く記載しているのが、これから紹介する2冊のガイドブック(本)です。

 

USJ裏技ガイド

公式ガイドブックでは書かれていない、ちょっとグレーなやり方まで乗っています。

内容としては、普通にUSJに行ったら気づかない小ネタが非常の多く書かれています。

実際にUSJ(ユニバ)に行き、ちょっとした時間が積もりに積もり重なって一つ分のアトラクションが乗れなかった、ということを経験した方もいると思います。

わかる人にはわかると思うのですが、ミニオン行って→ハリウッドドリームを乗って→フライングダイナソーを乗るって言うのは距離も時間もかかりますよね。

 

せっかく楽しみにしているUSJだからこそ時間を有効活用したい。

常連の方でも「へぇー」ってなる内容ですのでおすすめです。

参考記事一覧

⇒USJ(ユニバ)のおみやげのおすすめは何?

⇒USJ(ユニバ)コインロッカーや荷物の預かり場所はどこにあるのか?

⇒USJ(ユニバ)で疲れない靴は何がおすすめ?

⇒USJ(ユニバ)の待ち時間や混雑時間を知る方法とは?

 

 

大阪観光はどこに行くかを考える

泊まりで行かれる方は、一日目はUSJ(ユニバ)、二日目は大阪観光という方が多いと思います。

意外と考えておくべきことは、大阪観光かもしれません。

一日目はUSJ(ユニバ)の中で済みますが、大阪観光となると移動範囲が広いのですべて回れませんよね。

 

梅田、なんばの2つだけでも観光地はたくさんあります。

大阪観光をするのであれば、必ず事前準備はしておきましょう。

 

るるぶ大阪ちいサイズ

旅行雑誌で有名な「るるぶ」の「ちいサイズ」を選んでおけば間違いありません。

なぜ「ちいサイズ」が良いのか、と言うと、

 

①小型版であるため持ち運びがしやすいこと

旅行となると荷物が多くなりますよね。

そんな時にとても優しい小さいサイズです。

なかなか気軽に持ち運べませんよね。

 

②USJ(ユニバ)の説明も十分に書いてあること

USJ(ユニバ)に関して、自分である程度知識があるならばこの本だけ購入すればいいと思います。

スーパーニンテンドーエリアもおみやげも新しい情報が記載あります。

 

そして、大阪観光も回るべきポイントがまとめられています

基本的に旅行に持ち運ぶにはこの「るるぶ」だけで良いですね。

 

参考記事一覧

⇒USJ(ユニバ)年間パスを当日パーク内で購入する方法。通常チケットからアップグレードもできる

⇒誕生日にUSJ(ユニバ)はお得! 一緒に行く人全員のチケットが安くなることも

⇒USJ(ユニバ)でおみやげを買い忘れても通販で買える!メリットやデメリットは?

⇒USJ(ユニバ)閉園時間後もアトラクションに乗れるのか?

⇒USJ(ユニバ)の開園時間はいつ? 日によって違うのか?

番外編:これだけ人気になった理由を知る

USJ(ユニバ)は2001年オープン当初は年間1000万人を超える入場者数を誇っていました。

しかし、2010年ごろまでには人気が低迷し、年間800万人を切るほど衰えていました。

ワンデイパスが一枚6000円とすれば、純粋に年480億円もの売り上げを落としていることになります。

その中でUSJ(ユニバ)を復活させるために旗振り役として指名されたのが「森岡毅」さんでした。

 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?/盛岡毅

このジェットコースターというのは「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド・バックドロップ」のことです。

運行当初は300分待ちを超えるのが普通であり、ミニオンやハリーポッター、フライングダイナソーができた今でも120分待ちは発生します

 

森岡さんはUSJ(ユニバ)が2016年に15周年を迎えるにあたり、どのような戦略でUSJ(ユニバ)を復権していくかを考えてきました。

特に入場者数が激減している中で予算はほとんどない

でもテーマパークである以上、目新しさがなければお客様は来ない。

 

当時年間800億円程度しか売り上げがなかったUSJが、どうやって450億円もの投資が必要になるハリーポッターエリアの開設することに決めたのか。

なぜジェットコースターを逆向きに走らせることにしたのか。

 

マーケティング寄りの経営本にはなりますが、読んでみて面白かったという感想と同時に「こういう考え方があるんだ」とすごく勉強にもなりました。

そして、現在の「人気」「有名」なUSJ(ユニバ)がある理由なのです。

この本を読めばもっとUSJ(ユニバ)が好きになりますよ。

まとめ:USJに行くなら1冊は持っておいた方が良い

USJに詳しい人、元から情報を集めている人であれば、不要ですが、ネット情報だけで今から探そうとしている人は、公式ガイドブックを買っておいた方が一番早いです。

その上で、裏技とかを知りたい人は他の本やネットで情報を探せば良いのです。

 

一番やってはいけないのが、USJ(ユニバ)・大阪観光当日に迷ってしまい時間を無駄に使ってしまうこと。

当日時間を無駄にしないためにも、準備できることはあらかじめ準備をしておきましょう!

 

→その他USJに関する記事をお探しの方はこちらからどうぞ