USJにコインロッカーはある?荷物の預かり場所をチェック!

USJでは身軽に動きたい。

しかし、どうしても遠方のため荷物が増えてしまう。

ホテルも遠いし、荷物を減らすこともできない。どうしよう。

そんなときコインロッカーがあると便利ですよね。

もちろんUSJにもコインロッカーがあり、パーク内外ともにあります。

出し入れの制限がある、ないなど注意点もあるので一つずつ見ていきます。

 

コインロッカーの種類

小型(幅357mm×奥行453mm×高さ398mm) 400円

中型(幅357mm×奥行453mm×高さ533mm) 600円

大型(幅357mm×奥行453mm×高さ802mm) 1000円

出し入れ自由型(幅360mm×奥行425mm×高さ300mm) 400円

※出し入れ自由型は使用の際500円必要ですが、使用後に100円返却されます。

様々な形がありますが、小型・中型・大型の違いは高さしか変わらないため、正方形型の大きな荷物がある場合は要注意ですね。

 

コインロッカーの場所は?

パーク内には1回限りのロッカーと出し入れ自由のロッカーがあるのは上で紹介しました。

場所ですがわかりやすいですね。

入場ゲート近くに3か所とユニバーサルワンダーランドエリアに一か所。

なぜユニバーサルワンダーランドのみ出し入れ自由のロッカーがあるのかはっきりとした理由はわからないですが、お子さんがいる方はロッカーを閉めた後、おむつや哺乳瓶など「あれも必要だった」となることが多いからだと思います。

 

コインロッカーの注意点

大型ロッカーはパーク外のみ

通常のキャリーケースであれば問題ないと思いますが、大型のキャリーケースをお持ちの場合は注意したほうが良いです。

パーク内に入ってしまうと、年間パスを持っている人しか再入場ができません。

もし、入らない! どうしよう! となったときはゲストサービスまで相談してみましょう。

 

ロッカーから荷物を取り出すの忘れてしまった

パーククローズ時間を過ぎた場合は、USJの方がお預かりしていただけます。

翌日以降にゲストサービスまで引き取りに行くことができます。

 

遊びに夢中で荷物を取りに行くのを忘れる、ということもありえますからね。

知識としては知っておいて損はないでしょう。

 

後、翌日もUSJ行くからと放置は良くないです。

超過料金もかかりますし、ゲストサービスに引き取られて面倒になりますし、何より迷惑がかかりますよ。

 

ロッカーのカギをなくした

まず、ゲストサービスに向かいましょう。

そして、鍵の紛失は別途料金がかかります。

できれば財布など、必ずなくさないところに保管しておきましょう。

 

まとめ:ロッカーに預けた荷物を忘れずに引き取ること。

USJで楽しかったーという余韻はいいですが、ここで忘れ物をすれば一気に冷めてしまします。

帰る時間ごろにスマホのアラートを鳴らすことをおすすめします。

 

帰る際必ず電車の時刻などでスマホをチェックしますし、その時に忘れた!と思い出せば、ゲストサービスに相談しに行けば、なんとかなる可能性も高くなります。

それでは、忘れ物をしないようにUSJを楽しんでください!

 

→その他USJに関する記事をお探しの方はこちらからどうぞ