整理・収納の考え方5つのルール








インテリアを考えるうえで、一番の問題が「物が多い」こと

いつも整理整頓ができている人であれば問題ないですが、できていない人も多いはず。

 

どのように物を捨てるのか、捨てないのか。

どのように収納するのか。見せるのか、隠すのか。

 

物を持つときや捨てるときのルールを作ることが必要です。

テクニックや手法は数多く存在しますが、簡単にできる基本的なことを短くまとめました。

多くを伝えてもできないですから。笑

では物を持つ、捨てる、置く、ときの考え方をお伝えしましょう。

 

自分の部屋に置ける適正量を知る

見えない収納(クローゼットの中など)と見える収納(本棚など)を含めてどのくらいのアイテムを持っているかを始めに確認しましょう。

その適正量を知らないと、もちろんアイテムはあふれてしまいますよね。

特に増えやすい服や本は上限の数を決めておきましょう。

 

使用頻度に応じて収納場所を変える

年に数回しか使わないのであれば、天井近くやあまり使わないクローゼットの中に入れる。

毎日使うものは見える位置に置く。

使用頻度に応じて、位置を変えましょう。

 

使ったら元に戻す

例えばリモコンですね。

意外とできないことですが、物をため込まない、散らかさないことに対して一番効力を発揮します。

 

導線を考えて収納する

例えば、玄関に鍵、デスク横にゴミ箱などのように、使う場所と使うものが一緒にあれば無駄な動きが少なくなります。

それだけでなく、どこに置いたかわからないということを未然に防ぐことができます。

 

物を捨てる基準を決める

服であれば一年着なければ捨てる、消耗品であれば半年使わなければ捨てる、など自分ルールを作っておけば、考える必要はありません。

愛着があってなかなか捨てられない方は一度、ゴミ袋に入れて、さらに一年寝かせてみましょう。

それでも使わなければ「いらない物」なので、そのままゴミとして捨ててしまえばいいです。

 

まとめ

収納する基準はいろいろあると思います。

いろんな雑誌で紹介されていますからね。

しかし、まず先ほどあげた5つのことをしてください。

基本的なことすらできないのであれば、雑誌を買っても意味ないです。

 

この中で一番簡単なことは何でしょうか。

さぁ玄関に鍵を移動させましょう!

おすすめのインテリア・家具の選び方記事はコチラから↓

全記事一覧はコチラから↓








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA