社会人1年目で考えたこと








仕事がしんどい、仕事が面白くない、人間関係がよくない。

大多数の人は一度は感じたことがあるはず。

社会人1年目は良くも悪くも初めての世界でこれが後40年以上も続くかもしれないことを考えると途方もないかもしれない。

そんな時には自分の心持ちを変える必要がある。

実際に当時僕の考えたことに加えて、今どのように考えるべきだったかを伝えたいと思います。

 

目次

1 1年目でやりたいことができるわけではない

2 ミスをするのは自分ができない人間だからだ

3 人間関係は転勤でリセットできる

まとめ 今の場所に居続けるべきか、転職するべきか

 

1 1年目でやりたいことができるわけがない

これは会社に属する以上真理だと思います。

極端な例かもしれませんが、例えば製造業に就職したとして、いきなり商品企画ができるわけではありません

まず、自社の製品はどのようなものか、どのように作られるか、原価や利益構造は、などなど一つの製品に対して、まず様々な知識が必要です。

それでも若い人間に挑戦させるべきだ! それは今後の人生に良い人生となる! という方針の会社もありますが少ないでしょう。

会社の立場から考えると、多くいる社員の中からあなたという人間にそこまでの裁量を与える価値があるのでしょうか?

答えは否。

小さな会社であれば別でしょうが、多少の大きさのある会社であればまずありえないでしょう。

それであれば何をすべきか。当時は行っている雑務を淡々とこなしていくことだけを考えていました。

しかし、1年目でも小さなことかもしれませんがやりたいことはできます

自分の現状の立場から得られるものを考えること。視野を広げ、将来を考えること。

例えば将来経理に行きたいと思うならば、会社の数字を追いかけ続ければ身になります。

帰宅してから簿記の勉強をすれば、一歩進みます。

今与えられていることだけをしても成長を感じられないのであれば、自分の時間を作って、将来の肥やしを増やしていくべきだと思います。

 

2 ミスをするのは自分ができない人間だからだ

この考えは決してしてはいけません。完全に負のループに陥ります。

与えられた指示ができない、満足いくものではない。

これは自分の力不足だと日々落ち込んでいました。

普通に考えてみてください。ミスをしたことない人はいるのでしょうか。

ミスは誰でもします。同じミスを繰り返さなければ良い。同じミスは単なる注意散漫ですから。

そして初めからなんでもできる人間なんかいない。

できる人間だったらもっと良い会社に入ってる、と思っていいです。

後ろ向きに考えるのではなく、前を向いていきましょう。

考え方を変えないと鬱の方向に、辞める方向に頭は考えがちになります。

 

3 人間関係は転勤でリセットできる

僕の会社では転勤はつきものなので、同じ人とずっと一緒に働くわけではありません。

そのため、合わない人とも時間がたてば離れることができます。

そのため人間関係がうまくいかないときは「こんな人にはならないでおこう」と半面教師で見ていました。

自分も将来なるかもしれない可能性は身をもって証明してくれているのだと。笑

転勤のメリット・デメリットは以下の記事でも書きました。

就活生必見!転勤のメリット・デメリットまとめ3つ

 

まとめ 今の場所に居続けるべきか、転職するべきか

当時僕は転職の考えはありませんでした。

上記のように考えていましたので。

しかし、どうしようもないこともあります。

月の残業は80時間以上、休みの日がない、転勤などがなく一生気の合わない上司と同じ、、、

無理をすれば身体を壊します。心が壊れるかもしれません。一度壊れてしまえば治すのには時間がかかります。

正直なところ人間関係は入社しないとわかりません。

もし残業などで愚痴を言っているのであれば就活の際のリサーチ不足です。

この件に関してはきちんと自分を戒めましょう。繰り返してはいけません。

では、どうしたらよいのか。

①自分の会社以外の人と会う

一度外の世界を見てみましょう。

高校時代の友人と飲みに行く、親が信頼できるのであれば相談する、サークルの先輩に会いに行く、、、

同じ境遇の方もいるかもしれません。自分よりも良い状態の人、悪い状態の人もいます。

自分とは違う生活をしている人と会い、自分の置かれた立場を客観視しましょう。

 

②転職サイトに登録してみる

実際に転職活動をするわけではありません。

どんな仕事が世の中にあるのか、今自分は転職するべきなのかどうなのか、ということを考えるのです。

世の中は甘くありません。

今の仕事が嫌だと後ろ向きに考えているときは、あまり良い結果がついてきません。

実際にいろいろ見ていると、意外に今いる会社は良い方と思うことはよくあります。僕の場合は給料や福利厚生の部分が大きかったですね。

しかし、それでもしんどいと思うのが今の仕事。

何かあった場合、このような仕事を次は選ぶ、ということを考えるだけでも楽になります。

今の仕事を辞めた場合、将来の不安が今の自分を束縛しているからです。

今だけを見ない。自分の将来を考える。これが重要です。

 

僕はこの考えをして、今の会社に残ることにしました。

しかし、もちろん別の道もあります。

もう一度述べますが、大事なのは自分の身体です。

自分と向き合って、一歩ずつ動きましょう。

何も動かずに悶々としているのは時間の無駄ですよ!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です