ループイフダンおすすめ値幅設定は?資金目安・管理を考える








ループイフダンの設定はどのように考えていますか?

なんとなく、ループイフダンランキングを見て、、、

そんなことで決めていないですよね?

前回の記事「ループイフダンおすすめ通貨ペアは?過去10年分のチャートから分析!」通貨ペアのおすすめは「AUD/JPY」であることをお伝えしました。

今回は用意ができる資金を元に、どの設定が良いのかを考えます。

 ★告知★

資産運用専門のサイト「みその不労所得運用ブログ:https://misoinvest.com」を始めました!

こちらでもループイフダン記事を更新していきますのでよろしくお願いします。

ちなみに「ループイフダンおすすめ通過ペアは豪ドル円!選んだ理由と設定や利益はどのくらい?」で細かな運営実績とともに公開していますので、よかったら見てくださいね(^ ^)

みそが設定しているループイフダン

上の通りで、170万円を元に約半年間運用してきました。

そしてその結果が以下の通り(2018年4月20日現在)

50万円以上の成果を発生しています!

ではなぜ、みそがこの設定をしているのか、紐解いていきましょう。

なぜ「AUD/JPY」か

細かくはコチラの記事「ループイフダンおすすめ通貨ペアは?過去10年分のチャートから分析!」に書いています。

簡単に言うと、

・過去10年間における過去最高値と最低値の値幅が他の通貨ペアに比べて小さい

・トレンドが発生しにくく、細かく値動きがある

からです。

詳しく知りたい方はコチラの記事「ループイフダンおすすめ通貨ペアは?過去10年分のチャートから分析!」を見てください。

最初の入金はなぜ170万円だったか

実は、僕はいろいろ調べている中で「毎日が焼肉~ループイフダンの可能性。トラリピ卒業しました(笑)」のブログを見ていたことは、以前の記事、コチラの記事「ループイフダンによる自動売買!半年で50万円増加!資金や設定は?」で説明しました。

単純にこのブログの方は1700万円の元金を使っていたため、その10分の1でしようと思ったのがきっかけです。

似たような設定にすると、毎月5万円ほどが発生することがわかっていましたので、まずは真似から入りました。

ここ重要ですよ!わからないことはもちろん調べますが、まずは真似することが重要です。いきなりオリジナルで初めても失敗しては意味がないので

なぜ「B40」「S40」か

「AUD/JPY」の通貨ペアには「B20」「B40」「B80」「S20」「S40」「S80」があります。

ちなみに、「B」=買い 「S」=売り のことですね。

どれが利益になるのかを考えてみましょう。

例として「AUD/JPY」が100.0円から100.8円に上昇(0.8円(80銭)価格が上昇)した時、計4000通貨分「B(買い)」に投資していると考えます。

「B20」の設定だと、100.0円、100.2円、100.4円、100.6円でそれぞれ1000通貨購入します。それぞれの利益が200円で、200円×4=800円の利益になります。

「B40」の設定だと、100.0円、100.4円でそれぞれ2000通貨購入します。それぞれの利益が800円で、800円×2=1600円の利益になります。

「B80」の設定だと、100.0円で4000通貨購入します。3200円の利益になります。

「B80」の方が利益があるように思えます。実際に「B80」も計測する期間によっては一番の利益になります。しかし、「B40」の方が利益が高いときがあります。

本当に細かい値動きの時は「B80」はなかなか発動しません。

また、個人的に感覚として、決済するのに時間がかかる(0.8円もなかなか値動きはしない)ため、稼いでいるという感覚がなかなかありません。笑

 

個人的な理由も含んでいますが、「B40」もしくは「B80」にすればよいと思います。

僕も追加で設定するときは「B80」も入れてみたいと考えています。

なぜ「B40」1000円通貨×6か

なぜかは、目安資金表を見ます。

どのくらい下落すれば、どのくらいの含み損が発生するのかを計算してくれています。

※画像(アイネット証券参照)

例えば上図であれば、「AUD/JPY B40」を1000通貨購入し、5円下落した時に必要な目安資金です。このぐらい口座にはないとロスカットを食らってしまいますよー、というものです。

6000通貨であればその6倍なので、483,600円になります。

ちなみに、過去10年間で最低値に近い30円の下落が起きたときを考えると、1000通貨で1,428,800円、6000通貨で8,572,800円になります。

もちろん、下落している中でも「B40」のループイフダンを購入していた場合です。

全く可能性のないことでもないので、このリスクは受ける必要があります。もしくは、途中で運用を止めてしまうかですね。

ちなみに、僕はそこまでの下落は置きにくい、起きたとしても補てんできる用意がある、と考えているので、運用を止めない考えでいます。

なぜ「S40」1000円通貨×3か

この設定には深い根拠はありません。笑

「B40」の半分にしようと単純に考えただけです。

特に「B40」など買いの場合はスワップが付きますが、「S40」など売りの場合はマイナスのスワップがつくので、あまり大きく設定したくないです。

むしろ、「S(売り)」は設定しなくてもいいぐらいだと考えていますが、上下の値動きを効率的にとらえるためにも、設定は低めにして僕は運用しています。

ポジション数は何をもって考えているのか

現状では大幅の下落が起きても、運用を止める気はないので、今の口座資金で最大のポジションを設定しています。

そのため特に理由はないです。

ポジション数が最大になっても追加資金を投入して、再度ループイフダンを設定したらいいと思っているだけなので。

最悪の想定はどのくらいで考えているのか

先ほども伝えましたが、過去10年間で最低値に近い30円の下落が起きたときは、1000通貨で1,428,800円、6000通貨で8,572,800円になります

もちろん、下落している中でも「B40」のループイフダンを購入していた場合です。

全く可能性のないことでもないので、このリスクは受ける必要があります。現段階の考えとしては運用を止める気はないですが、状況によっては、途中で運用を止めてしまうことも考えてはいます。

このリスクをどの程度考えるかによって利益率が変わりますね。

安全志向であれば利益率3%ぐらいでしょうが、利益ばかりを求めると利益率10%とかいく。でも、きちんと資金管理しないと元金も0になってしまうから注意。

資金管理を徹底的に考えるべき

僕は、以上のように考えて、ループイフダンを設定しています。

きちんと考えてるでしょ。笑

でも、一度考えておけば、後はほったらかしで売り買いをしてくれるため、手にかかりません。

たまに、きちんと運用できているのか、リスクは大丈夫なのかを考えているくらいです。

 

例えば、豪ドル円が80円を切ったら「S40」は止めてようかな、とか豪ドル円が95円を超えたら「B40」は止めて「S40」を増やそうかなとかですね。

チャートの動きによって変わるので、まだはっきりとは決めていないですが、ぼんやりと考えるぐらいです。

 

一度徹底的に考えて不労所得を手に入れましょう!

 ★告知★

資産運用専門のサイト「みその不労所得運用ブログ:https://misoinvest.com」を始めました!

こちらでもループイフダン記事を更新していきますのでよろしくお願いします。

ちなみに「ループイフダンおすすめ通過ペアは豪ドル円!選んだ理由と設定や利益はどのくらい?」で細かな運営実績とともに公開していますので、よかったら見てくださいね(^ ^)

「みそ」が使用しているループイフダンのサイトはコチラのバナーから↓

ループイフダンに関する記事を探すのならコチラから↓

投資・節約に関する記事を探すのならコチラから↓


全記事一覧はコチラから↓