クレジットカードは「楽天カード」メリット・デメリットまとめ








皆さんクレジットカードは何を使われていますでしょうか?

基本的にはよく使うお店のクレジットカードがおすすめになります。

しかし、いろんなお店に行きますよね。

しかも最近ではネットで商品を買うことも増えています。

 

そこでおすすめが楽天カード

同じ商品をアマゾンで買うよりもポイントバックを含めれば圧倒的に楽天の方が安くなることが意外とあります。

例えば、、、日常生活で楽天カードを使用してみます。

食料品や日用品を2000円分購入⇒20ポイント(100円につき1ポイント)

光熱費6000円分を支払い⇒60ポイント(100円につき1ポイント)

楽天ブックスにて本を2冊(1500円分)購入⇒90ポイント(100円につき6ポイント)

「100円につき6ポイント・・・!!」

ここが楽天の強みですね。

通常の使用であれば100円につき1ポイントでよくあるクレジットカードのポイント還元率になります。

しかし、楽天カードでは100円につき6ポイント、僕は最大11ポイントまで経験したことがあります

 

どのような楽天カードにはメリット・デメリットがあるのでしょうか。

楽天カードの評価が高い

・楽天カードの会員数が1200万人を突破(2016/1/12発表)

・2016年度日本版顧客満足度指数調査において、8年連続クレジットカード部門第一位を獲得(2016/12/13発表)

まず1200万人という圧倒的会員数ですね。

約10人に1人が持っている。

しかも年配の方や子供は持てないので、さらに所有率の高いことはわかるでしょう。

そして、満足度はとても高い

次に説明するポイント還元率の高さや利用しやすさを考えると他のクレジットカードとは大きく異なります。

 

楽天カードのメリット

年会費はずっと無料

クレジットカードって年会費がかかるイメージを持っていますよね?

「年会費はかからないんです・・・!」

僕も年会費は支払ったことはありません。

逆にポイントはたくさんくれますのでお得感は満載です。

 

ポイントが貯まりやすい①(スーパーポイントアップ:100円につき1ポイントの常識は古い)

最近さらにポイントが付きやすくなりましたね。

スーパーポイントアップと言い、対象のサービスを使うとポイントが最大8倍(100円につき8ポイント)つくというもの。

楽天ブックスがこの度追加されました。

冒頭の「楽天ブックスにて本を2冊(1500円分)購入⇒90ポイント(100円につき6ポイント)」が紐解けましたね。

ちなみに僕は今このような状態です。

「楽天ブックスの利用」「楽天カード利用」「楽天市場アプリ(スマホ)利用」で100円につき6ポイントつくことがもう決まっています。

もちろんこれらは楽天市場でお買い物が原則になりますので、街でのお買い物は原則100円につき1ポイントになります。

しかし、洗剤や食料品など日用品を楽天市場で買えば、送ってもくれますしポイントもつきますのでお得ですよね。

 

ポイントが貯まりやすい②(ポイントアップのキャンペーンが多い)

ただこれだけでは最大8倍?って思いますよね。

まだまだあるんですよ。

・街での買い物が最大2倍(100円につき2ポイント)

・楽天ブックス利用で条件を満たせば最大10倍(100円につき10ポイント)

・楽天セール時、楽天市場のショップ買い回りで最大ポイント35倍(100円につき35ポイント)

正直35倍は難しいですが、10倍ぐらいなら目指すことは可能です。

ちなみに(2017/11/21現在)特に何も大きなセールをしていませんが、例えば上記2つのキャンペーンは行われています。

このうちの「楽天ブックス利用で条件を満たせば最大10倍(100円につき10ポイント)」を少し詳しく見てみましょう。

楽天ブックス1回の注文で合計金額1000円(税込み)以上を購入すれば対象になります。

このキャンペーンの詳細は以下の通りです。

つまり、僕はポイント6倍(100円につき6ポイント)がベースとなっているので+2倍して、ポイント8倍(100円につき8ポイント)ということになるのです。

「税金分が割引きされているのと同じ・・・!」

キャンペーンにエントリーする必要はあるので忘れずにね。

他にも時期により、ランク会員(楽天カードを使えば使うほどランクは上がる)によって最大4倍ポイント野球「楽天イーグルス」が勝利したからポイント2倍などいろんなことが行われています。

 

ポイントは簡単に使える

ポイントカードのイメージって「○○個貯まったら500円引き」ですよね。

クレジットカードの多くも「○○ポイント貯まったら○○円と交換」です。

しかし、楽天は「1ポイント1円」として気軽に使うことができます

「でも、楽天でしか使えないのでしょう?」

いいえ、今楽天ポイントはいろんなところで使え始めています。

マクドナルドやダイコクドラッグ、ジョーシンなど使えるようになっています、

その場合は楽天ポイントカードが必要になりますが、スマホのアプリ「楽天ポイントクラブ」もあるのでそちらの方が利用しやすいです。

アンドロイドの方はこちら

iPhoneの方はこちら

 

楽天カードのデメリット

カードが増える、、ことぐらいでしょうか。

後は使いすぎてしまう

一般的なクレジットカードの悩みですよね。笑

 

楽天はアマゾンとよく比較されます。

実際、アマゾンの方をよく利用される方はアマゾンカードの方がお得かもしれません。

僕もアマゾンと楽天を比較して安いほうを購入しています。

アマゾンの方が利用することが多い月もあります。

とはいえ、アマゾンでも楽天カードは100円につき1ポイントはつきますし、本や雑誌は楽天の方が安いことも多い

ポイントアップも考えると街で使うのも楽天の方が使いやすい。

それで僕は楽天カードを利用しています。

 

まとめ

他にもいろいろメリットはありますが、細かすぎるため割愛します。

端的に言えばもっとポイントを貯めることはできるということ。

そして、貯まったら使うを繰り返せばポイントを無駄にしませんし、お得です。

僕はそうやって、ダイヤモンド会員という一番上のステータスになっていました。

ポイントもきっちり全部使い切っています。笑

特に本や雑誌は店によって値段が異なるということはないのでおすすめです。

楽天やネットをよく使う方は必須ですよ!

投資・節約に関する記事を探すのならコチラから↓


全記事一覧はコチラから↓








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA