ニトリのNクールとは?寝付けない夏を夜を乗り切ろう!Nクールの詳細まとめ








みそ
夏の夜って暑すぎて寝付けない。

べたべたするし、寝苦しいし、クーラーの電気代もかかる。。。なんか良い対策ないのかな

夏の夜、あれだけ寝れない季節はないでしょう。汗のべたつきもありじめじめする。

あなたはクーラーをかけるでしょうが、電気代もかなりかかりますよね。

Nクールならクーラーもほとんどいりません!

 

みそ
いやいや、そんなわけないでしょ!

嘘はやめてよ!

そう、嘘と思うはず。でも本当に、クーラーはほとんどいりません。

ちなみに、僕は5年前のNクールを使用していますが、夏の夜は気持ちよく寝ることができています。

5年経った今ではNクールスーパーやダブルスーパー、また通常のNクールもかなりバージョンアップしています!

 

ニトリを代表するNクール。その凄さを見ていきましょう!

Nクール関連記事

すでにNクールに関して知っている!という方には、おすすめの商品をまとめているので、こちらの記事から見てください

⇒「ニトリのNクール寝具おすすめまとめ」

⇒「ニトリのNクールグッズ(寝具以外)おすすめまとめ」




Nクールとは

「Nクールはひんやりー♪」

時期にこのCMは流れるでしょう(現在2018/5/4)

冬は「Nウォームはあたたかいー♪」でした。覚えている人もいるよね?

 

Nクールとは「接触冷感素材」を使用したひんやり生地です。

それでは「接触冷感素材」とはどのようなものでしょうか?

 

上図のように「手が触れたとき、冷たい!と感じる」ことです。

なぜ冷たいのかというと、「糸に冷たさを感じる鉱石」を生地に練り込んでいるからです。

よくわからない?

ニトリが頑張って冷たさを感じられる生地を開発した、ですよ!笑

Nクールの種類は「Nクール」「Nクールスーパー」「Nクールダブルスーパー」の3タイプ

少し前までニトリには「Nクール」しかありませんでした。

しかし「Nクール」が人気になり、接触冷感の凄さが有名になると、より冷たさを感じられる生地を開発していきました。

それが「Nクールスーパー」「Nクールダブルスーパー」なのです。

それぞれの違いを見ていきましょう。

 

簡単に言うと、以下の通りになります。

「Nクールスーパー」は通常の「Nクール」と比べてより冷たく

「Nクールダブルスーパー」は「Nクールスーパー」の冷たさがより長く続く

 

ちなみに僕の体感としては「Nクールスーパー」は「Nクール」と比べて予想以上に冷たかったです。どっち買おうか悩むなら「Nクールスーパー」を黙って買っとけ、って言いたいぐらい。笑

「Nクールダブルスーパー」は長く使用しているとメリットが出てきますね。

いくらNクールと言えども、じっとしていればだんだんと表生地はぬるくなってきます。でも「Nクールダブルスーパー」にはそれがあまりないのです!

あまりコトンと寝れない方にはぜひおすすめですね。

 

「Nクールスーパー」と「Nクールダブルスーパー」は消臭機能と吸放湿機能をもつ「快適わた」がある

さらに言えば、「Nクールスーパー」と「Nクールダブルスーパー」には消臭機能と吸放湿機能がついています!

 

まずは消臭機能から説明しましょう。

簡単に言えば、臭くならないよ!ってことです。

汗のニオイであるアンモニアなどの成分の約98%を消臭します。

夏の夜はどうしても汗をかきますよね。そして、それがニオイの元となる。

でも、消臭機能があればニオイもしないし、何よりも洗濯回数が減りますよね!洗濯物が多くなりがちな夏場は助かりますね。

 

次は吸放湿機能を見ていきましょう。

上図を見ていただければわかると思いますが、汗などの水分をよく吸い、よく放出してくれます。

つまり、汗がベッドの中で溜まらずムレにくいのです!

 

人は寝ている間にコップ1杯以上の汗をかきます。夏ならなおさら汗をかきます。

その汗がベッドの中で残り続けるとじめじめしてムレますし、カビになりやすくなります。

マットレスがカビになった経験がある人もいるのではないでしょうか?

それを防いでくれるのです!

 

「Nクール」は敷パッドがおすすめ!

みそ
そんなに「Nクール」っていいんだ!

それじゃ「Nクール」の中でもおすすめって何があるのかな?

間違いなくおすすめするのは「敷きパッド」です。

夏の夜、寝苦しいときに必ず活躍します。どのような敷きパッドがあるのか見ていきましょう。

 

「Nクール」の敷きパッドの特徴

それでは、まずスタンダードモデルであるノーマル「Nクール」を見ていきましょう。

 

両面使えるリバーシブル対応

まず、「Nクール」の特徴ですが、表裏リバーシブルに対応しています。

表面はひんやりする「接触冷感生地」。裏面は春や秋でも使えるパイル生地が使われています。

「Nクール」は夏しか使えないようなイメージがありますが、春から秋にかけて長く使えるのです。

 

布団にもベッドにも簡単につけられるゴムタイプ

敷きパッドの四隅は強化ゴムがついています。

そのため薄い敷き布団でも分厚いマットレスでもゴムが伸び、取り付けることができます

もちろん、ゴムなので着け外しも簡単で、ずれにくいのも特徴です。

 

抗菌防臭機能付きで清潔に使える

「Nクール」は冷たく感じられる鉱石を練り込むなど、特殊加工生地になっています。

その中で、もちろんお部屋干しでも嫌なにおいがつかないように、抗菌防臭機能をつけているのです。

※ダブルスーパーを除く

 

ネットを使えば洗濯できる

家でも簡単に洗濯することができます。

注意としては必ずネットをしてください。敷きパッドの表面が毛羽立ってしまい、せっかくの接触冷感機能が半減してしまいますよ。

 

ではおすすめしている「Nクール」敷きパッドの商品を見ていきましょう。

 

「Nクール」触れるとひんやり感じる接触冷感でコスパ抜群!

ノーマル「Nクール」はコスパが抜群です。「Nクール」を試してみたい方にはおすすめです。

1,287円(税別)から購入でき、15色も展開(ネット限定含む)があります。去年はこれほどなかったですね。

もちろん安いからといっても、機能に妥協はありません。

上の図を見ていただくとわかるように、たった3秒触るだけで冷たさの違いを感じることができます。

 

店頭では上の5色展開されています。

ネットでは上の10色展開しています。

 

しかし、ネット限定は数多く生産していないと思いますので、ネット限定で気にいった色のある場合は早めに購入しましょう。

 

 

「Nクールスーパー」Nクールよりもひんやりスーパークールで1番のおすすめ!

こちらの「Nクールスーパー」は年々販売数が増加してきています。

それだけ露出も増えてきていまして、チラシでも「Nクールスーパー」が大々的にピックアップされるようになりました。

毎年夜の気温が上がっており、寝苦しくなってきていることから、より冷たい接触冷感を求めているからでしょう。

「Nクール」は通常のパイル生地と比べて約2.0倍の冷たさがありました。

「Nクールスーパー」は通常のパイル生地と比べて約3.0倍の冷たさがあります。

「Nクールスーパー」は「Nクール」と比べて約1.5倍もの冷たさが違うのです!(厳密に計算したら違いますが。笑)

 

そして、「Nクールスーパー」には「Nクール」とは異なり、吸放湿・消臭機能がついた「快適わた」があります。

単純に冷たいだけではなく追加機能もあるのです。

 

「Nクールスーパー」は上の4色展開されています。

どの色も冷たさを感じられる色ですぐになくなってしまいますね。

 

「Nクールダブルスーパー」冷たさが持続して快適な寝心地を!

「Nクールダブルスーパー」ひっそりと人気をもっています。

生産量が少ないのか、去年は6月ごろに完売したお店もあるようでした。

 

「Nクールスーパー」のひんやり感がより持続して体感できる「Nクールダブルスーパー」

今年も数は少ないかもしれませんので、購入検討されている方はお早めに!

「Nクールスーパー」と同じぐらいとは言っても、「ダブルスーパー」なのでより冷たくなっています。

 

「Nクール」は通常のパイル生地と比べて3秒経てば約2.0倍の冷たさがありました。

「Nクールスーパー」は通常のパイル生地と比べて3秒経てば約3.0倍の冷たさがあります。

「Nクールダブルスーパー」は2秒経てば約3.5倍の冷たさがあるのです

 

地味に3秒ではなく2秒でひんやり感に差が出るのは大きいですね。

 

そして、「Nクールダブルスーパー」には「Nクール」とは異なり、吸放湿・消臭機能がついた「快適わた」があります。

「Nクールダブルスーパー」には「Nクールスーパー」とは異なり、冷感を持続させる「PE(温度調整)中剤シート」があります。

単純に冷たいだけではなく、その冷たさを持続させる機能もついているのです。

 

色の展開は上の2色展開です。

少ないように思いますが、昨年は1色展開だったと思います。

 

みそのおすすめ

みそ
間違いなく「Nクールスーパー」がおすすめ!

繰り返します。「Nクールスーパー」がおすすめ!

「Nクール」のコスパの良さもありますが、毎年寝苦しくなっている夏の夜を考えると、少しでもひんやり感を味わえる「Nクールスーパー」を選んだほうが失敗はないです。

 

ニトリは3年前よりも2年前のほうが「Nクールスーパー」を推していた。

ニトリは2年前よりも1年前のほうが「Nクールスーパー」を推していた。

ニトリは2年前よりも今年の方が「Nクールスーパー」を推すはずです。

 

個人的に「Nクールダブルスーパー」はコスパが悪く感じるのです。

数字で見ると大きく違いますが、僕は「Nクールスーパー」と「Nクールダブルスーパー」の違いが触ってわからなかった。

でも、「Nクール」と「Nクールスーパー」の違いは値段以上に感じられた

だから僕は「Nクールスーパー」を押します

【補足①】ニトリ「Nクール」は他社の接触冷感商品とは何が違うのか

みそ
他の会社でも「接触冷感」って言っている商品ってあるよね。

別にニトリでなくてもいいんじゃない?

他社でも「接触冷感」の商品は販売されています。

ネットでもいろんなショップで販売されていますし、身近なところだとイオンにも販売しています。

でも、僕は「ニトリ」をおすすめします。

 

なぜか。理由は単純です。

ニトリの「Nクール」が圧倒的に冷たいから。

 

嘘だと思うならば実際に触りに行ってください。

全然違います。

 

値段も安いですよね。他社よりも圧倒的に安い。

もちろん、ニトリよりも安く販売している商品もあるでしょうが、ニトリの冷たさにはかなり負けます

ニトリは販売数量が圧倒的に多く大量生産ができます。また、商社を通さず原材料から生産、販売まですべてニトリ自社で行っているから商品の価格も抑えることができているのです。

だから機能も良くて安いのです。

 

【補足②】早くて6月には売り切れも。早めに買わないとなくなるよ。

 

みそ
まだそれほど暑くないから必要ないよね。

もっと後から買えばいいや

おっと、そのように考えているのであれば注意が必要ですね。

昨年は6月ぐらいで完売になった色や酒類がありました。

今年も同じように早く完売になってしまう商品があるかもしれません。

 

体感としては、最高気温が25℃を超えると夏物寝具の販売が大きく伸びます。

つまり、25℃を超えるまでに買わないと、乗り遅れる可能性があります。

 

もし、気に入ったものがあるのであれば早めに買いましょう。

「Nクールスーパー」も3000円あればおつりがきます。これで快適な夏の夜を過ごせるのであれば安くありませんか?

Nクール関連記事

すでにNクールに関して知っている!という方には、おすすめの商品をまとめているので、こちらの記事から見てください

⇒「ニトリのNクール寝具おすすめまとめ」

⇒「ニトリのNクールグッズ(寝具以外)おすすめまとめ」

おすすめのニトリの商品を探すのならコチラから↓

全記事一覧はコチラから↓