否定的な言葉ではなく肯定的な言葉を使おうー言葉は現実化する








仕事がいや、無理に決まっている、できるはずがない、上司が嫌い、部下は役に立たない、、、

そんな否定的な言葉を日常から使っていませんか

言葉には魂が宿っている。それは言霊と言われます。

僕たちが当たり前に使っている言葉というものに対して、あまりにも意識を向けなさすぎます。

いつもマイナスの言葉を使うとその通り嫌なことが起き、プラスの言葉を使うと嬉しいことが起きる。

僕は正直疑った。けれども実践すればその効果がびっくりするほどあった。

 

例を挙げてみましょう。

仕事でも人間関係でも困難な壁にぶつかったときこう言葉に出してほしい。念ずるのではなくて言葉に出してほしい。

「私はできる」「俺ならやれる、乗り越えられる」「僕は絶対成功する」

もちろん、一人の時にぶつぶつと言ってください。笑

不思議と活力が沸いてきませんか?

 

この本では言葉の重要性が説かれています。

実際僕はマイナス言葉ばかり使っていました。

「しんどい」「そんなことできない」「めんどくさい」などなど

もちろんその言葉を使ってよい状況が生まれるはずがありません。

どんな嫌な状況でも僕は「自分ならできる」と唱えています。

自分の意識を変えることが重要なのです。

 

もちろん僕の私見も入っていますので、ぜひ「言葉は現実化する」を手に取ってみてください。

価値観変わりますよ!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です