信用はお金を生むー「革命のファンファーレ」








お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さんが書いた本です。

絵本「えんとつ町のプペル」の大ヒットをお聞きしたことがある方は多いと思います。

この本では「えんとつ町のプペル」がどのように作られ販売されたかという「お金」のことをとことん突き詰めた内容になります。

恥ずかしながら西野さんって自由奔放な方だなーとテレビでは思っていましたが、この本で見方が変わりました。笑

とことんお金のことを考えて行動をしている。

その結果が詰まった内容です。

本はこちら

 

「えんとつ町のプペル」はこちら

冒頭でも伝えたように、「お金」のことを考えて作られたと言っても過言ではない「えんとつ町のプペル」。

そのスタンスは西野さん自身のふるまいにも現れている。

 

タレントとして信用を勝ち取るために「嘘をつかない」ことを徹底

例えば嘘を言わなければいけないことが多いグルメ番組などをあげている。

そうすることで西野さんは嘘を言わない。だから大御所に対しても周囲から見ると「心配するような発言」をする。

なぜ、そこまでして嘘をつく必要がないのか。

それはクラウドファンディングやオンラインサロンのように別の収入源が大きくあるからである。

通常、一つの仕事をする際、干されたらその仕事ができなくなり、生活に困る。

しかし、テレビとは別の大きな収入源があり、嘘をつくデメリットの方が大きいという判断である。

 

入り口でお金を取らない

「えんとつ町のプペル」の販売においてそこまで考えてたのか、と驚きを隠せない。

クラウドファンディングの利用、広告戦略、無料での公開、絵本業界の特徴、、、

多くの驚きや初めての試みが多い中、これらの試みを行った理由は、どのような販売戦略を取ればどのくらい売れるか、ではなく、30万部売りたいからこの方法で販売する、とゴールから逆算しているからだ。

5000部販売できれば大ヒットと呼ばれる絵本業界で30万部を売るために必要なことを先に考えたのである。

 

「貯金」ではなく「貯信」をする

西野さんにとって「えんとつ町のプペル」の作成により、自分の信頼を傷つけない選択をすることができるようになった。

テレビに出たときには炎上することもあるし、出てこなくなるかもしれない。

タレントとしては好かれてはいないかもしれないが、信頼はされている。

オンラインサロンのメンバー数やクラウドファンディングの金額を見れば納得できるだろう。

テレビという代理店を通さなくても、自分へダイレクト課金してくれる方が多く、十分にメリットを享受できる。

 

まとめ

この本を手に取るまでは、西野さんはテレビに出なくなった芸人として認知していなかった。

しかし、お金の生み出し方を西野さんは自分のやり方で手に入れることができた。

そんな取り組み方があったのか、そう思いたいかたはぜひ手に取ってほしい。

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です